文字サイズ 拡大 標準
JAほこたガイド ファーマーズマーケットなだろう JAほこた農産物紹介 ライフサポート
TOPページ > チャレンジ家庭菜園
チャレンジ家庭菜園
スイートキャロット 甘くてかわいい 「スイートキャロット」
生のままスティックサラダにするとおしゃれ!
大人の指くらいの太さの、名前もかわいらしいニンジンが「スイートキャロット」です。鮮やかな色となめらかな肌を持ち、ニンジンとは思えないほど水分が多くて軟らかく、甘みも強いのが特徴です。種まき時期をずらせば、1年中楽しめます。
種まき
1. よく肥えていて目が細かく、保水力のある土を選びます。ただし、種まきの直前に堆肥を施すと「ふたまたニンジン」の原因になります。できれば、別の作物を栽培・収穫した後の土がいいでしょう。
2. プランターで栽培する場合も同様です。保水性がない土には、ピートモスを少し足してください。
3. 条間15〜20p、深さ5oで筋まきします。種が隠れる程度に、薄く土をかけましょう。
4. 発芽までは約1週間。それまでかん水しなくてもいいように、種まきの後にしっかり水をやってください。上から新聞紙をかけて乾燥を防ぐのもいいアイデアです。
5. 露地の場合は、真夏以外ならいつでも種まきOKですが、寒い時期にはトンネルがけをするといいでしょう。
種まきのポイント
間引き
1. 発芽したら、新聞紙をはずします。
2. 葉が3枚になったら、人さし指1本くらいの間隔で間引きます。間引いた葉は軟らかいので、食べられます。みそ汁やスープの具にしたり、細かく切ってかき揚げにしたりするとおいしいです。
3. 本葉が8枚ぐらいになったら、株間が3pになるように最後の間引きをします。株間が狭いと根がからみます。
間引き方

病害虫対策
1. 害虫に強いので、秋冬まきではほとんど心配ありません。
2. 春夏まきでは、アゲハチョウの幼虫が寄ってくるので気をつけます。見つけ次第、取り除きましょう。

収穫
1. 種をまいてから約60日で収穫するのが理想的です。寒くなってからだと、100日くらいかかることもあります。
2. 根元をつまんで、そっと引き抜いてください。株の長さが12〜14p、太さが直径1・3〜1・6pあれば収穫できます。
2. 栽培にあまり時間をかけると、根が曲がったり、表面がごつごつしてきたりします。なるべく短期間で仕上げるのがこつです。

イラスト:こぐれけんじろう

この特集は日本農業新聞「&YOU」に掲載されたものです。
日本農業新聞に関するお問い合わせはこちら
JAタウン
TOPへ戻る